Ko Tanaka

Composer / Arranger / Musical Theater Writer

​作曲家/編曲家/ミュージカル作家

About

English Profile is available below

アーティスト概要

Ko Tanakaは作曲・作詞・執筆の活動を通して世の中の不合理な部分、そしてそこに生きる人の生活が見える音を表現する。

 

佐賀県 鳥栖市の静かな町に生まれ、小学校教師である母の影響で小さい頃から文学にふれて育つ。幼少より文字・数字・部首・アルファベット・音に色彩を感じる共感覚をもち、色を組み合わせるように文学創作をはじめる。

 

文庫棚にあったミステリー小説や手塚治虫漫画に熱中。その後テクノロジーにふれ、Flashアニメーション・ボーカロイド等2000-10年代ネット界の才能が織りなしたサブカルチャーに強烈にインスパイアされる。

この頃知らない土地へ自転車で赴き、その土地と暮らしている人々の姿をじっと見て過ごしていたことが原体験となり、世界と人物を独自の視点で描くようになる。

 

高校受験の年にブルーハーツを聞き、「傾いたこの世界から転げ落ちそう」といった世界をうまく言い換えてくれるような詩に大きく影響を受ける。同時にゲーム・映画音楽で言語では表現できないレベルで描かれる情景に憧れを抱き、高一で独学で作曲を開始。吹奏楽を続ける傍らビートルズ・クイーンなどのキャッチーなメロディに惚れ込む。

同時期に演劇界へ足を踏み入れ、現在まで続く多くの舞台音楽を作曲。ディズニー・ピクサーをはじめ一流クリエイターの仕事に深い感銘を受け、セリフや・配色・動きを一コマずつ分析するなど総合エンタメに没頭する。

専門学校で本格的に勉強したのちプロ活動開始。ブロードウェイミュージカルの巨匠スティーブン・ソンドハイム氏の音楽に出会う。文学性と音楽性を兼ね備えた海外ミュージカル音楽に出会い、今までの関心が全てつながったような感覚を覚える。

 

翌年カナダへ渡加、さらに翌年米国へ移住し世界の土地・人々を注意深く見続け創作を続ける。2019年、これまでの活動を認められ全米演劇著作者組合(Dramatists Guild of America)へファーストクラスメンバーとして加入。世界的アーティストとの交流の中で日々刺激を受け、社会の中で”人が生きている”ことを表現する。

IMG_2726-1_Trimed.png

プロフィール

 

作曲家。1991年生まれ佐賀県出身。NYマンハッタン在住。

 

HAL名古屋 ミュージック学科 2013年卒

バークリー音楽大学 CWP専攻2020年卒

16歳で吹奏楽部へ入部したことをきっかけに音楽を、17歳より独学で作曲を開始。19歳よりプロ活動を開始し26歳で渡米、現在に至る。

渡米前

2010年、HAL名古屋 ミュージック学科入学。

2011年、演出家 渡部剛己の目にとまり演劇の作曲活動を開始。

 

2014年より音楽クリエイターとして日本企業で勤務。数々のタイトルに携わり、プロデュースや音響演出法を学ぶ。

並行して舞台作曲も継続、日本最大の国際芸術祭”あいちトリエンナーレ”(2013, 2019)等への出展公演を続け演劇に長く携わる。

この頃スティーブン・ソンドハイムのミュージカル"Into The Woods"の緻密な音楽性に衝撃を受け、ミュージカル作曲を志す。

 

渡米後

退社後、自身の活動を米ミュージカル界に定め、2016年末に初のミュージカル作品『ある怪物の』を自主上演。

その後奨学金を得て渡米、バークリー音楽大学へ入学。

渡米後、ブロードウェイでの舞台演出・音楽技法や英作詞法をマイケル・ワトフスキーに学び、トニー賞受賞編曲家のビル・エリオットらに作編曲を、ピーター・コキニアス、グラミー賞受賞指揮者のエリック・スタンなどに指揮法を長期にわたり師事。

この頃数多くのミュージカル執筆作業に参加し米国式のコラボレーションプロセスを学ぶ。

 

2019年バークリー・ミュージカルシアター・オーケストラの指揮者に抜擢。オリジナルミュージカル『ある怪物を』を英訳した"The Monster"を自身の指揮にて米初演。

終演後、ボストン交響楽団レジデンス作曲家のジュリアス・ウィリアムスから連絡を受け、無償個人レッスンをオファーされるなど学内外で高い評価を得る。

同年11月、全米演劇著作者組合(Dramatists Guild of America)へファーストクラスメンバーとして加入。

2020年、絵本『えんとつ町のプペル』の著者・西野亮廣氏を原作・脚本に迎えた完全英語のオフブロードウェイミュージカル『Poupelle of Chimney Town』の作曲・音楽監督に抜擢。タイトル曲"Halloween in Chimney Town"などで国内外のクリエイターから注目を集める。

同年、ほとり企画『劇的茶屋 謳う死神』作曲にて2020年All About ミュージカルアワード スタッフ賞を受賞。

以降、多くメディアに取り上げられ、日米のミュージカル・歌劇作品の作編曲を広く手がける。

近年

2021年、NYマンハッタンに本拠地を移し、ミュージカル・演劇の名門校である米エマーソン大学、アメリカン大学等からの委託によりアレンジャーとして活動を開始。米ブロードウェイカンパニーLive & In Colorの主催するシアターイベントに楽曲提供など米国での活動を広げる。

同年、エレクトロニックミュージックデザインの第一人者であるHiro Iida氏率いる米サウンドプロダクションチームStrange Cranium(Mean Girls, The Band's Visit, ダイアナ, マイケルジャクソンなど)にアソシエイトプログラマーとして加入。現在、複数のブロードウェイショーでサウンドプログラムを担当中。

音楽制作の傍ら、音楽理論系Youtubeチャンネル 『いきいき音楽科』、国際音楽ソフトウェアフェスIMSTA FESTA等でのマスタークラスを担当。またボストン・ジャパン映画祭の映画選考メンバーとして活動するなど文化面で日米をつなぐ活動に力を入れる。

2021年版『Poupelle of Chimney Town』 東京公演 作曲・音楽監督を担当

バークリー音大とブロードウェイ制作の現場で培った音楽技法と日本独特の哀愁ある繊細なメロディを組み合わせ、舞台における物語とのハイレベルな融合を目指す。

 

受賞歴/作歴

 

学生作曲家選手権2012

佳作 (2曲同時受賞)

江崎グリコ 社歌アレンジコンテスト

最優秀賞

バークリー音楽大学 北米奨学金ツアー

奨学金受賞

バークリー音楽大学 Contemporary Writing and Production

Spring 2019 Achivement賞

2020年All About ミュージカルアワード

スタッフ賞

 

過去作品

2012年 体現帝国 現代演劇『女中たち』

劇中歌 全17曲 作曲

2012年 マイマイカーニバル 現代演劇『覗 ―peepingtom―』

劇中歌5曲 作曲

2013年 現代芸術祭『あいちトリエンナーレ2013』

バレエ組曲《Canal Art》作曲

2014年 マイマイカーニバル 現代演劇『病―contagion of city―』

劇中歌 全23曲 作曲・出演

2015年 芸術団体LENS  現代演劇『家へ』

劇中歌 全8曲 作曲

2016年 さくらいさはら 現代演劇『充足』

楽曲提供

2016年 芸術団体LENS 現代演劇『影の劇場―door to a theater―』

劇中歌 全5曲 作曲

2016年 オリジナルミュージカル『ある怪物の』

原作・脚本・作曲・演出・出演

​名古屋 七ツ寺共同スタジオ

2018年 体現帝国 現代演劇『白雪姫』

劇中歌 全14曲作曲

2018年 バークリー48時間ミュージカルフェスティバル出展作品『Believe』

劇中歌 3曲作曲(マリサ・カーリンとの共同制作)

2019年 バークリーミュージカルシライティング公演『サムライ・ガール』

原作・劇中歌 全4曲 作曲

2019年 バークリーカフェショー 『椎名林檎トリビュート・バンド』

音楽監督・全12曲編曲・キーボード

2019年 体現帝国 現代演劇『しっぽを掴まれた欲望(パブロ・ピカソ)』

(あいちトリエンナーレ2019出展作品)

劇中歌 全12曲 作曲・音楽監督 

2019年 バークリーミュージカルシアターオーケストラ『The Golden Age of Broadway -"The Man of La Mancha"-』

指揮・音楽監督

2019年 バークリーミュージカルシアターオーケストラ『The Golden Age of Broadway -"The Monster Suite"-』

原作・脚本・編曲・指揮・音楽監督

2019年 体現帝国 現代劇ミュージカル『障子の国のティンカーベル(野田秀樹)』

劇中歌 6曲作曲・音楽監督

2020年 オフブロードウェイ ミュージカル『Poupelle of Chimney Town(えんとつ町のプペル)』オンライン配信版

作曲・音楽監督

2020年 体現帝国 ワークショップ発表公演『MONEY』

楽曲提供

2020年 体現帝国 実験演劇『無限劇の扉』

楽曲提供

2020年 体現帝国 現代演劇『しっぽを掴まれた欲望(パブロ・ピカソ)』

(リーディング版)

楽曲提供

2020年 ほとり企画『劇的茶屋 ミュージカル”謳う死神”』

劇中歌 作曲

2020年 岡山シンフォニック管弦楽団 文化庁芸術家派遣事業 ミュージカル「走れメロス」

メインテーマ他 作曲

2020年 エマーソン大学 ミュージカルプロジェクト "Golden Rules"

編曲

2020年 アメリカン大学 ミュージカルプロジェクト "Magic Wonk Bus"

編曲

2020年 メリーマウントマンハッタン大学 ミュージカルプロジェクト "Into the Dawn"

編曲

2020年 米演劇団体 Live & In Color ミュージカル企画 "Have your happy holiday" 

編曲・エンディングテーマ提供

2020年 ジャニーズ A.B.C.-Z クリスマスコンサート "2020 CONTINUE?"

オープニングOverture 作曲

2020年 体現帝国  第九回公演 『Gulliver-不安の島-』

作曲

2020年 IMSTA FESTA Tokyo 2020 マスタークラス"デジタルオーケストレーション"

​講師

2021年 日本テレビ系報道番組

楽曲 提供

2020年 スターダスト 超特急 アリーナツアー "2021 SPRING「Hoopla!」"

オープニングOverture 作曲

2021年 ミュージカル『Poupelle of Chimney Town(えんとつ町のプペル)』(西野亮廣演出)東京公演

作曲・音楽監督

 

 

Screen Shot 2020-08-22 at 19.12.58.png

-インタビュー-

Ko Tanaka

(Composer/Music Director)

Article by NY1page

About

Ko Tanaka is a Japanese composer/conductor/Musical Theater Writer who was born in Saga, Japan. He has been writing and producing his music for more than 10 titles of theater works in Japan.

After a couple of years of composing for Japanese game company, he decided to become a musical theater composer/writer, he released and performed his first original musical “The Monster” in Nagoya, Japan. After he moved to the U.S. he studied Broadway-style composing and lyric writing with Michael Wartofsky, Bill Elliott (Tony Award Winner), conducting with Peter Cokkinias, Eric Stern (Grammy Award Winner).

In 2019, he has been appointed as one of the conductors of Berklee Musical Theater Orchestra and performed his original musical tune “The Monster” at Berklee Performance Center(1,215 seat theater). After his performance, he received contact from one of the faculty member Julius P. Williams (President of the Conductors Guild, Residence Composer of Boston Symphony Orchestra) to be taught his private lesson. 

 

He recently has been appointed composer for Off-Broadway Musical “Poupelle of Chimney Town” a new musical based on the bestselling Japanese picture book. The musical will open Off-Broadway in 2021 and the animated feature film "Poupelle of Chimney Town" will be released in December 2020.

He has been working as a theater arranger for the college/university courses such as Emmerson College, and American University.

He is a first-class member of the Dramatists Guild of America since 2019.

Awards

HAL Event Week 2010 - Silver Award

HAL Event Week 2012 - Gold Award

HAL Festival 2013 - YAMAHA Award

Student Composers Competition 2012 - "Freedom" Honorable Mention

Student Composers Competition 2012 - "Noah's Ark" Honorable Mention

Esaki Glico Company Song Arrangement Competition - The Best Award

Berklee North America Scholarship - 2018-Present

Berklee Contemporary Writing and Production Spring 2019 Award

 

 

Works

2012 TAIGEN TEIKOKU contemporary play "The Maids" 

Composer (All 17 songs)

2012 contemporary play "―Peepingtom―" 

Composer (5 songs)

2013 Art Festival "Aichi Triennale"  

Composed A Ballet Suite《Canal Art》

2014 contemporary play   "―Contagion of City―"  

 Composer (All 23 songs) / Actor

2015 contemporary play   "Ie-e (To Home)"   

Composer (All 8 songs)

2016 contemporary play  "Ju-soku (Satisfied)"  

 Composer (All 3 songs)

2016 contemporary play  "―door to a theater―"   

Composer (All 5 songs)

2016 New Musical  "The Monster"  

Book / Music (All 3 songs) / Lyric / Stage Director / Actor

2018 TAIGEN TEIKOKU contemporary play  "Snow White" 

Composer (All 14 songs)

2018 Berklee 48hours Musical Theater Festival  "Believe"  

Co-Composer (All 3 songs with Marissa Carlin) / Music Director

2019 TAIGEN TEIKOKU contemporary play  "Desir Caught by the Tail (by Pablo PICASSO)" (At Aichi Triennale)  

Composer (All 12 songs) / Music Director 

2019 Berklee Theater Writing Performance "Samurai Girl"

Original Story Writer / Composer (All 4 songs)

2019 Berklee Cafe Show "Ringo Sheena Tribute Concert"

Music Director / Arranger (All 12 songs) / Keyboardist

2019 Berklee Musical Theater Orchestra "The Golden Age of Broadway - The Man of La Mancha" 

Conductor / Music Director

2019 Berklee Musical Theater Orchestra "The Golden Age of Broadway - The Monster" 

Original Book / Composer / Orchestrator / Conductor

2019 TAIGEN TEIKOKU Musical "Syoji no Kuni no Tinkerbell (by Hideki Noda)"  

Composer (6 songs) / Music Director

2020 TAIGEN TEIKOKU Workshop-Performance "MONEY"

House Composer 

2020 TAIGEN TEIKOKU Experimentally Performance "The Door of the Endless Show"

House Composer 

2020 TAIGEN TEIKOKU contemporary play  "Desire Caught by the Tail (by Pablo PICASSO)" (Reading Version)  

House Composer

2020 Hotori Theatre Musical "Gekiteki Chaya(Theatrical Teahouse)" The Ghost of Death

Composer (All 4 songs)

2020 Okayama Symphonic Orchestra "Musical Run, Melos!"

Main Composer (Main Theme)

2021 New Off-Broadway Musical "Poupelle of Chimney Town"

Composer / Orchestrator / Music Director